ブログ記事

カテゴリー別

 

 ・お知らせ

 

 ・設備

 

 ・BGA

 

 ・基板改造

 

 ・PC基板修理

 

 ・自動車基板修理

 

 ・その他基板修理

 

 ・その他

 

 

年別

 ・2016年

 

 ・2015年

 

 ・2014年

 

 ・2013年③

 

 ・2013年②

 

 ・2013年①

 

 ・2012年③

 

 ・2012年②

 

 ・2012年①

 

 ・2011年③

 

 ・2011年②

 

 ・2011年①

 


最新のブログ一覧

2016年

12月

29日

年末年始の休業について

 

 工房やまだでは2016年の年末、2017年の年始休業として

 

 12月30日より2017年1月4日までをお休みとさせていただきます。

 

 その間のご連絡はメールでお願いいたします。

 

 お荷物をお送りになる場合には5日着でもご発送をお願いいたします。

 

 よろしくお願い致します。

 

0 コメント

2016年

9月

29日

休業ついて

 

 工房やまだでは明日、9月30日をお休みとさせていただきます。

 

 その間のご連絡はメールでお願いいたします。

 

 お荷物をお送りになる場合には10月3日着でもご発送をお願いいたします。

 

 よろしくお願い致します。

 

0 コメント

2016年

8月

09日

夏季休業について

 

 工房やまだでは2016年の夏季休業として

 

 13日より16日までをお休みとさせていただきます。

 

 その間のご連絡はメールでお願いいたします。

 

 お荷物をお送りになる場合には17日着でもご発送をお願いいたします。

 

 よろしくお願い致します。

 

0 コメント

2016年

4月

28日

GWの休業について

 

 工房やまだではゴールデンウィークの休業として

 

 4/29~5/5までのお休みを頂きます。

 

 その間ご連絡はメールにて頂けると助かります。

 

 荷物のお受け取りも出来ませんので5/6以降の着日指定でお送り下さい。

 

 よろしくお願い致します。

 

0 コメント

2016年

3月

30日

トヨタ センチュリー ECU修理

 

 今回はトヨタ センチュリー リムジンの基板修理です。

 

 センチュリーのVG45という初代後期モデルのリムジン仕様ということです。

 

トヨタセンチュリー
wikipediaより (リムジンではなく通常のもの、しかもVG45じゃないかも)

トヨタセンチュリー ECU

トヨタセンチュリー ECU 表
トヨタセンチュリー ECU 裏

 

 基板は良くあるトヨタのECUという感じ。

 

 ECUの型番は89530-40030 

 

トヨタセンチュリー ECU 基板

 

 トヨタの基板は結構見やすい感じがしますね。

 

 調べると不具合箇所も判明しましたのでお見積り→ご了解いただけたので作業に移ります。

 

 部品交換や基板の修理を進めていくと

 思わぬところまで破損が広がっていてなかなか苦労しました。

 

 

 作業が終了し、ご返却をしたところ問題なく動作するようになったという事。

 

 絶好調です!なんてお返事を頂きました。

 

 愛車に安心して乗れるということで非常にお喜びいただき私もうれしいです。

 

 

ECUの修理全般について

 

 ここでちょっと脇道にそれまして、

 ECUに限った事ではないのですが

 基板の修理に関するお話をしたいと思います。

 

 現在様々な企業、個人の方がECUの基板修理に挑戦されているようです。

 そこで注意をひとつ。

 

 基板についている部品は半田によって半田付けされていますよね。

 

 これ、電子工作を趣味でされていたりお仕事で半田付けされていたり、

 日頃からやっている方にとっては簡単な作業のように思われると思います。

 

 でも部品を「付ける」のと「取り外す」のって全く別物なんです。

 

 例えば端子が2つの部品。

 付けるときには片方ずつ半田づけをすればよいんですが、

 外すときには両方の端子を同時に温めないといけないんですね。

 これが凄く難しい。

 4端子の部品になると4か所を同時に温める必要がある。

 

 そして、部品を付ける事には慣れていても、外すことに慣れている人というのは本当に少ないです。

 

 

 

 なにが言いたいのかというと、余計に壊した状態でお問い合わせ頂く事が非常に多いんです。

 

 それでなくとも基板の修理に決まりきったセオリーなんてありません。

 一つ一つ違うものへの対処なんですね。

 

 一度誰かの手が加えられた基板は不具合発見のための手ががりが消えてしまっていたり、

 余計に破損させてしまった基板の修理の作業が加わったり、

 費用も高くなってしまう場合が多いです。

 

 出来る限り不具合が起きましたら、手を加えずにお問い合わせ頂けると助かります。

 

 

 愛車の基板修理には

 

 半田付け経験豊富な プリント基板の駆け込み寺 工房やまだまで!

 

 TEL:0238-22-0771(平日8:30~17:30)

 FAX:0238-26-2361

 Email:info@koboyamada.jp

 お問い合わせ

 

 

関連記事

LINEで送る

0 コメント

2016年

3月

29日

年度末の休業について

 

 工房やまだでは年度末の休業として

 

 3/31のお休みを頂きます。

 

 当日ご連絡いただく場合にはメールでいただけると助かります。

 

 荷物の受け取りもできない可能性がありますので4/1着でお送りいただけると幸いです。

 

 よろしくお願い致します。

 

1 コメント

2016年

3月

26日

Macbook Early2006 CPU交換改造

 

 Macbookの初期モデル、Early2006のCPU交換改造です。

 

 交換するCPUに少し珍しい作業を施したのでご紹介いたします。

 

MacbookEarly2006 ロジックボード

CPUの取り外し

 

 CPUは中央上のBGAです。

 

 IntelCoreDuoの1.83GHzか2.0GHzか。どっちか伺うのを忘れました。

 

MacbookEarly2006 CPU

 

 2.00って記載があるから2.0GHzのほうかな?

 

 このCPUをリワークシステムで加熱して取り外します。

 

MacbookEarly2006 CPU 取外し後

 

 取り外した後はこんな感じ。

 

 ここに新しいCPUを取り付ける訳です。

 

CPUの実装

Intel Core2Duo 1.0GHz

 

 交換するCPUです。

 

 Core2Duo 1.0GHzに交換です。

 

Intel Core2Duo 1.0GHz 裏面ピン

 

 しかしこのCPU、ピンタイプだったんですね。

 

 これじゃあ基板に直接実装なんて出来ません。

 

 折角ご依頼いただいたのですが

 お断りする他ないかなと考えていたところでふと思い当たることが。

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

 このピンって確かCPUに半田付けされていたような、、

 

 ということは加熱したら取れる?

 

 取れた所にリボールしちゃえばBGAタイプになる?

 

 BGAになったら基板に実装できる?

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

 という訳でやってみようというわけです。

 

Intel Core2Duo 1.0GHz ピン除去

 

 加熱すると、、、

 

 おーピン取れる取れる!

 

左:Intel Core2Duo 1.0GHz、右:Intel CoreDuo 2.0GHz

 

 全部のピンを取ったらリボールをします。

 

 右が基板から取り外したCPU。

 取り外したままなので半田ボールが小さかったり形状がおかしいものがあります。

 

 分かりにくいですね。

 

 左がこれから実装するCPU、新たに半田ボールを乗せました。

 同じ大きさの半田ボールが綺麗に並んでいるのが分かると思います。

 

MacbookEarly2006 CPU交換

 

 リボールしたCPUを基板に乗せてリワークシステムで加熱。

 

 半田付けを行います。(さらっと書きましたが色々ノウハウがあるんですよ)

 

CPU交換改造の動作確認

 

 筐体に組みなおして電源ON!

 

MacbookEarly2006 IntelCore2Duo CPU交換成功

 

 動いたー!

 

 OS立ち上がったー!

 

 CPU認識してるー!

 

 という事で無事に改造成功しました。

 

 

 大切なPCのCPU交換改造には

 他には無い技術で不可能を可能にする、プリント基板の駆け込み寺 工房やまだまで!

 

 TEL:0238-22-0771(平日8:30~17:30)

 FAX:0238-26-2361

 Email:info@koboyamada.jp

 お問い合わせ

 

関連記事

 

 PC修理関連記事

 

 

LINEで送る

2 コメント

2015年

10月

05日

FUJITSU AH520/2A GPU半田割れ修理

 

 富士通のAH520の分解方法のご案内です。

 

 AH520、NF/E40、NF/G40、NF/E30、NF/G30等ほぼ同じ形状をしています。

 

 分解手順をご紹介いたしますが、分解はあくまでご自身の責任の上で行いください。

 

 こちらのページをご覧頂き分解され、

 もし破損等の損害があった場合でも弊社は責任を負うことが出来ません。

 

 宜しくお願い致します。

 

 

FUJITSU FMV-BIBLO AH520 基板

AH520の分解

分解①

AH520 分解①

 

 まずパソコンの底面を上にして、付属の部品を取り外していきます。

 

 取り外すのはHDDの蓋、メモリの蓋、DVDドライブ、電池の4つ。

 

 その為にネジを5本取り外します。

 

 上の写真の●の印がネジ大。まず2本取り外します。

 これでHDDの蓋が取り外せます。

 

 次に○印のネジ小。3本取り外します。

 これでメモリの蓋とDVDドライブを取り外します。

 

 そして電池を取っておきます。

 

 

分解②

AH520 分解②

 

 次に底面のネジを全て取り外します。

 

 ●のネジ大を15個。

 これでHDDを取り外すことが出来ます。

 

 ★のネジ中を2個取り外します。

 DVDドライブの下に隠れているネジです。

 

 底面はこれで終わり。

 

 

分解③

AH520 分解③

 

 液晶と本体をつなげるヒンジの部分のネジです。

 

 ★のネジ中です。左右に一つずつ、計2個を取り外し、

 ネジ止めされていたヒンジのカバーを取り外します。

 

 

分解④

AH520 分解④

 

 液晶をひらいて、電源スイッチやスピーカーのカバーを取り外します。

 

 上の写真のカバーにある5箇所のツメがキーボード部分と引っかかっています。

 細いマイナスドライバー等で傷つけないように押せば浮いてくると思います。

 

AH520 分解④-2

 

 カバーが取れると上の写真のようになります。

 

 カバーのケーブルが基板のコネクタと繋がっているので注意して取り外します。

 

 

分解⑤

AH520 分解⑤

 

 電源スイッチカバーを取り外すとキーボードも取り外すことが出来ます。

 こちらもケーブルが基板のコネクタと繋がっているので注意して取り外します。

 

 ●印のネジ大を6個取り外します。

 

 電源スイッチの下にあった配線をコネクタから取り外します。

 

 また本体側面のカードスロットに入っているカバーを取り外しておきます。

 

 

分解⑥

AH520 分解⑥

 

 ここまで来ると基板を挟んでいたパソコンのケースが全て取り外すことが出来ます。

 

 すると上の写真のような状態になりました。

 

 最後に、

 ▲印のネジ細を2本取り外して金具を取り外します。

 

 更に、外部端子の周辺の金具もナットで付いていますが取り外します。

 

AH520 分解⑥-2

 

 これで分解は完了です。

 パソコンの修理業者さんやご自分で分解が出来る個人の方は上の写真の状態で

 お送り下さい。

 

 ここまでの分解方法はNF/G40、NF/G30、NF/E40、NF/E30共に大きな違いは無いはずです。

 

 また、繰り返しになりますが、

 もしこちらの記事を参考に分解されるという方はご自分の責任のもとで行ってください。

 分解して何か問題が起きても当方は責任を負いません。

 

 

AH520のGPUリボール再実装

AH520 GPU

 

 分解が出来てしまえば後はいつものようにGPUのリボール再実装です。

 

 手順は

 

 ①基板のベーキングをする。

 

 ②リワークシステムで基板からGPUを取り外す。

 

AH520 GPU取り外した基板
AH520 基板から取り外したGPU

 

 ③GPUをリボールする。

 

 ④GPUを基板に実装する。

 

 ⑤動作確認をする。

 

AH520 GPUリボール再実装後動作確認

 

 ⑥アンダーフィルを塗布する。

 

 ⑦組み立てして最終確認をする。

 

デスクトップ画面ですのでぼかしています。
デスクトップ画面ですのでぼかしています。

 

 以上です。

 

 富士通のこの形状の基板は余りにGPU半田割れの発生件数が高いので

 作業も慣れてしまいました。

 

 ですが、不良発生件数が多い→問題が起きやすいということですので

 気を抜くことは出来ません。

 

 

 工房やまだではパソコン修理業者さんからはもちろんの事、

 個人でご使用のパソコンのGPU半田割れ不良もご対応しております。

 

 現在未分解の状態では修理を受け付けておりません。

 分解して上記分解⑥の分解が終了した状態の基版をお送りいただき修理をしております。


 (分解で何か問題が起きたとしても弊社は責任を負えません。自己責任にてお願い致します)、

 

 どうぞよろしくお願い致します。

 

 

 GPUが原因の画面表示不良、電源が入らない等の故障には

 

 プリント基板の駆け込み寺 工房やまだまで!

 

 TEL:0238-22-0771(平日8:30~17:30)

 FAX:0238-26-2361

 Email:info@koboyamada.jp

 お問い合わせ

 

 

関連記事

 

 PC修理関連記事

 

 

LINEで送る

0 コメント

2015年

4月

27日

GWの休業について

 

 工房やまだでは2015年のゴールデンウィークの休業として

 

 2015/4/29から2015/5/6までお休みを頂きます。

 

 その間のご連絡はメールにて頂けると幸いです。(返信は7日以降になります。)


 荷物の受け取りもできませんので、

 お送りいただくご予定のあるお客様は6日以降の到着でお送り下さい。

 

 よろしくお願い致します。

 

1 コメント