2013年

9月

05日

ハーレーダビッドソン インジケータ修理

 

 オートバイのインジケータの修理のご依頼がありました。

 

 ハーレーダビッドソンのスポーツスター1200という車種のものです。

 

 5つある表示のライトの内、一つだけ点かなくなったというもの。

 

 修理後に動作の確認を出来るように資料が手に入るか伺いました。

 

 回路図が手に入ったということで、さっそくお送り頂きます。

 

 

オートバイ インジケーター修理

Harley-Davidson Sportster1200 インジケータ1
Harley-Davidson Sportster1200 インジケータ2

 

 お送り頂いたインジケータです。

 

 右の写真が点灯するランプの部分ですね。

 

 中央がニュートラルのランプになっていて、そこが点灯しないということです。

 

 

Harley-Davidson Sportster1200 インジケータ3

 

 カバーを取り外したところです。

 

 顕微鏡で詳しく見ていくと、どうも配線が錆びている箇所が。

 

 確認してみるとやはり腐食して断線していました。

 

 いくつか部品を取り外して、断線したパターンの経路を追います。

 

 補修するべき配線が全て確認できましたので、

 断線を補修していきます。

 

 …修復後の写真を撮るの忘れてしまいました。

 

 

結果

 

 作業後発送すると結果のメールを頂けきました。

 

  ------------------------------------------------------------------------


  お世話になります。
 
  昨日、インジケータが届きました。
  今日早速動作テストを実施し、ニュートラルランプが点灯することを確認しました。
  これで、一安心です。
 
  バイクに正規に取り付け迄ちょっと時間が掛かりますが、
  作業完了したらすぐに乗ってみたいです。(^∇^)
 
  参考として、動作テスト時の写真を添付します。
Harley-Davidson Sportster1200 インジケータ 修理後

 

  ------------------------------------------------------------------------

 
 
 更に後日、取り付けて正常に動作しているご連絡を頂きました。
 
 

  ------------------------------------------------------------------------

  

  オイル漏れと他の部品交換で2ヶ月も預けていました。
  やっと乗れてうれしいです。

  御社に修理していただいたインジケータは順調に機能しています。

  早速今日写真を撮りましたので、添付します。

Harley-Davidson Sportster1200 インジケータ 車載後

 

  ------------------------------------------------------------------------

 

 

 無事に動作しているということで安心しました。

 

 

 自動車、オートバイにも基板はたくさん使われていますね。

 

 どの基板も一つ壊れてしまうと、重大な影響があり、最悪乗れなくなってしまいます。

 

 工房やまだでは個人、法人問わず、自動車、オートバイの基板修理を承っております。

 

 自動車ECU修理注意事項のページをご覧になりお問い合わせ下さい。

 

 

 TEL:0238-22-0771(平日8:30~17:30)

 FAX:0238-26-2361

 Email:info@koboyamada.jp

 お問い合わせ

 

 

関連記事

LINEで送る