ホンダアコードワゴン ATコントロールユニット修理

 

 今回の修理事例はホンダ アコードワゴンCB9。

 

 平成5年ということで20年近く前の自動車ののECU、

 

 ATコントロールユニットの修理です。

 

 お客様によるとディーラーさんにお見せされた際に、

 ECUの不具合が判明したのですが、

 型式が古く部品在庫が取れず、ディーラーさんではECU自体の修理も不可能という事でした。

 

 弊社の自動車ECUの修理記事をご覧頂いてお問い合わせを頂きました。

 

 

ATコントロールユニット基板

ホンダアコードワゴンCB9 ATコントロールユニット表
ホンダアコードワゴンCB9 ATコントロールユニット裏

 

 このアコードワゴンはホンダのアメリカ法人(ホンダオブアメリカ)の物だということです。

 

 それでこのECUもOKI AMERICA Inc(沖電気工業のアメリカ法人でしょうか)なんですね。

 

ホンダアコードワゴンCB9 ATコントロールユニット 基板

 

 ケースのネジ止めを外した状態。

 

 基板自体は部品が片面のみに搭載されている両面基板です。

 

 面実装部品は無く、全てスルーホール挿入部品です。

 

 

修理の流れ

 

 修理の流れです。

 赤字はお客様にして頂くこと。

 青字は工房やまだが行うことです。

 

 ①メールやお電話でご連絡を頂き、基板をお送り頂く。

 

 ②基板を簡単に検査。お見積書を作成してご連絡する。

 

 ③金額等の条件にご了解頂ければご連絡して頂く。

 

 ④検査と修復を行い、ご請求書と合わせて基板をご返却する。

 

 ⑤動作確認と結果のご連絡、金額のお支払を頂く。

 

 こんな感じです。

 

 

基板修理

 

 色々と検査を行ったところ、不良箇所が判明しました。

 

 部品不良、基板配線不良が見つかりました。

 

 早速交換する部品の手配を行い部品交換と、基板の修復を行います。

 

ホンダアコードワゴンCB9 ATコントロールユニット 基板 修理後

結果

 

 作業が終了したのでお客様にご返却しました。

 

 すると後日こういったメールが。

 

 -------------------------------------------------------

 

  日曜日に実家に帰ろうと思ったのですが、待ちきれず、昨日、車に乗りました。
  そして、見事、直っていました!!
  すごいですね!!
  どこにお願いしても「部品がない」「修理できない」と言われ、古品も見つからず、 
  もう廃車にするしかないのかと思っていたので、本当に嬉しいです
  本当にありがとうございました!
  これからも、ずっと大事に乗っていきたいと思います。

  丁寧な対応をしてくださり、本当にありがとうございました。

  また、何かありましたら、よろしくお願いいたします。

 

 -------------------------------------------------------

 

 非常にお喜び頂けたようで嬉しいですね。

 

 工房やまだは企業からの試作改造品でも、個人の方からの修理品でも

 「他ではどうにもならないものだったんです!」

 そんなお声を時々頂きます。

 

 その一言を聞きたい為に続けているようなもんですね。

 

 

 

 工房やまだでは自動車のECU、基板の修理を行っております。

 

 部品が無いという基板の不良でも諦めず、

 プリント基板の工房やまだまで!

 

 自動車ECU修理注意事項のページをご覧になりお問い合わせ下さい。

 

 TEL:0238-22-0771(平日8:30~17:30)

 FAX:0238-26-2361

 Email:info@koboyamada.jp

 お問い合わせ

 

 

関連記事

 

 修理関連記事

 

 

LINEで送る