2013年のブログ一覧③

2013年

12月

25日

冬季休業について

 

 工房やまだでは2013年の冬季休業として

 

 2013/12/28から2014/1/5までお休みを頂きます。

 

 その間のご連絡はメールにて頂けると幸いです。(返信は6日以降になる可能性が高いです。)

 

 よろしくお願い致します。

 

 

0 コメント

2013年

10月

18日

GM シボレーコルベット ヘッドライト修理

 

 今回は自動車のパーツ修理。

 

 GM製シボレーコルベットのヘッドライトです。

 

 確か純正品ではなかったはず。

 

シボレーコルベット ヘッドライト点灯不良

 

 お預かりしたヘッドライト。

 

 電圧掛けて点灯させてみました。

 

 12個あるLEDの内、一つが点灯しません。

 

 またその両隣が激しく光っていますね。

 

GM シボレーコルベット ヘッドライト基板

 

 裏面。

 

 随分な作りです。

 

 LEDライト3個が一つの基板で制御されています。

 

GM シボレーコルベット LED

 

 LEDはこんな感じ。

 

 原因を追究していきます。

 

 

ヘッドライト点灯不良修理

GM シボレーコルベット LED 半田割れ

 

 目視やいろいろで検査を進めて、不良原因を発見。

 

 どうもLED部品の半田割れによる回路の断線と

 別部品の不良の複合だったようです。

 

 これは実装時の半田付けが悪いですね。

 

GM シボレーコルベット 修理

 

 電源をつなげてみて問題が解決されているか確認します。

 

 問題がなさそうでしたので組み込みます。

 

GM シボレーコルベット ヘッドライト修理

 

 これでよしっと。

 

 終わったのち、ご依頼主さまにご連絡するともう片方のライトもおかしいということ。

 

 お送り頂いて確認すると同じところに以上あり。

 

 これは完全に製造時の甘さが原因です。

 

 同じくもう片方も修理して合わせてご返送致しました。

 

 

 工房やまだでは自動車関連の基板の修理も承っております。

 

 どんな基板でもお困りのものが御座いましたら、 

 プリント基板の駆け込み寺 工房やまだにお問い合わせ下さい!

 

 お問い合わせは自動車ECU修理注意事項のページをご覧になってからお願い致します。

 

 TEL:0238-22-0771(平日8:30~17:30)

 FAX:0238-26-2361

 Email:info@koboyamada.jp

 お問い合わせ

 

 

関連記事

LINEで送る

0 コメント

2013年

10月

10日

新しいipad 32GB コネクタ修理

 

 今回ご紹介するのはAppleのタブレット「新しいiPad (第3世代) 」のコネクタ修理です。

 

 お客様にどのような経緯でコネクタが破損したのか伺った気もするのですが、

 作業してから結構時間の経った事例なのですっかり忘れてしまいました。

 

新しいiPadのコネクタ

新しいiPad 第3世代 基板

 

 お預かりしたiPadの基板です。

 

 写真中央付近の4個並んだコネクタの内、左端が破損してしまっています。

 

 こちらは液晶と接続するコネクタ。

 

 液晶破損を直そうとして破損させてしまったんだっけ?

 

新しいiPad 第3世代 破損コネクタ

 

 アップの写真です。

 

 右側の端子がいくつかカバーと一緒に剥がれてしまっているのが分かると思います。

 

新しいiPad 第3世代 破損コネクタ
新しいiPad 第3世代 正常コネクタ

 

 正常なコネクタとの比較です。

 

 こちらのコネクタはケーブルを基板と水平に差し込むタイプのもので、

 上の写真でいうと上から差し込む様になっています。

 

 差し込んだものを下にあるプラの止め具を倒すことで固定しますが、

 止め具も外れてしまっていますね。

 

 

iPad コネクタ修理

新しいiPad 第3世代 コネクタ取り外し

 

 さて、修理です。

 

 まず基板からコネクタを取り外してしまいます。

 

 パターンに損傷が無く一安心。

 

新しいiPad 第3世代 交換するコネクタ

 

 交換するコネクタですが、

 これがなかなか見つからず。

 

 コネクタメーカのHPにも記載が無く、国内代理店に問い合わせても無い。

 

 仕方なくピンの2本(1列分)多いものを使用することにしました。

 

 接続される液晶のケーブルを見て、

 2本分端子が多くても機能上問題が無いことを確認しました。

 

新しいiPad 第3世代 コネクタ交換後

 

 取り付けしました。

 

 色もピン数も変わりましたが、使用した上では問題ないはずです。

 

 

修理の結果

 

 作業が終了してご返却した後、お客様よりメールを頂きました。

 

--------------------------------------------------

 

  いつもお世話になっております

 

  本日郵送にて基板が手元に届いております

 

  早速装着し起動させたところ

  何の不具合もなく無事 実働させることができました

 

  本当感謝しておりますし御社の技術に感動すら覚えました。

 

  ありがとうございました。

 

--------------------------------------------------

 

 無事に動いたということで一安心です。

 

 

 

 工房やまだではiPadの様はタブレット端末の基板修理も承っております。

 

 どんな基板でもお困りのものが御座いましたら、 

 プリント基板の駆け込み寺 工房やまだにお問い合わせ下さい!

 

 TEL:0238-22-0771(平日8:30~17:30)

 FAX:0238-26-2361

 Email:info@koboyamada.jp

 お問い合わせ

 

 

関連記事

LINEで送る

0 コメント

2013年

9月

16日

アマチュア無線機修理

 

 今回の修理はアマチュア無線機です。

 

 修理というか、作業依頼という感じですね。

 

 電池が駄目になったので交換してほしいと言うご依頼でしたので

 承りました。

 

アマチュア無線機の基板

アマチュア無線機 Telereader DTR-192 基板 表
アマチュア無線機 Telereader DTR-192 基板 裏

 

 お預かりした基板はこんな感じ。

 

 Telereader DTR-192という機種でアマチュア無線機のトランシーバーです。

 タスコ電機株式会社さんという所だそうです。

 

 基板にもTASCOと描いてありますね。現在は営業していないようです。

 当然問題が発生した場合にも修理等の対応はしてもらえない事になります。

 

 データバックアップ用の電池が切れてしまったということで

 使用が出来ずに仕舞っていたということです。

 

 

アマチュア無線機の基板修理

 

 修理といっても今回は部品交換。

 

 内容を限定して頂いているので費用も時間も余り頂きません。

 

 どんな原因で壊れているのか、使えないのかが分からない基板の場合には

 原因を基板の検査をして探っていく必要があります。

 

 多くの場合、

 実際の部品交換や配線修正のような作業よりも

 検査の方が時間が掛かってしまうため、

 検査不要の内容だと費用は安く済む場合が多いです。

 

アマチュア無線機 Telereader DTR-192 交換用電池

 

 これが交換する電池。

 

 お客様がご自分でネットオークションで手に入れた品ということです。

 

 弊社で部品の手配も可能です。

 

アマチュア無線機 Telereader DTR-192 修理後

 

 スルーホールの電池です。

 

 スルーホール部品は取り付けが簡単ですが、取り外しとなると格段に難しくなってきます。

 

 弊社では部品取り外しは基本作業ですので慣れてはいますが、

 油断は出来ません。

 

アマチュア無線機 Telereader DTR-192 修理後電池

 

 交換しました。

 

 お客様にご返却したところ「完璧な仕上がり」とのお言葉を頂きました。

 

 当然の仕事をしただけではありますが、嬉しい!と感じる瞬間です。

 

 

 工房やまだでは基板の種類と問わず、殆どの物の修理を受け付けております。

 

 どんな基板でもお困りのものが御座いましたら、

 

 プリント基板の駆け込み寺 工房やまだにお問い合わせ下さい!

 

 TEL:0238-22-0771(平日8:30~17:30)

 FAX:0238-26-2361

 Email:info@koboyamada.jp

 お問い合わせ

 

 

関連記事

LINEで送る

0 コメント

2013年

9月

05日

ハーレーダビッドソン インジケータ修理

 

 オートバイのインジケータの修理のご依頼がありました。

 

 ハーレーダビッドソンのスポーツスター1200という車種のものです。

 

 5つある表示のライトの内、一つだけ点かなくなったというもの。

 

 修理後に動作の確認を出来るように資料が手に入るか伺いました。

 

 回路図が手に入ったということで、さっそくお送り頂きます。

 

 

オートバイ インジケーター修理

Harley-Davidson Sportster1200 インジケータ1
Harley-Davidson Sportster1200 インジケータ2

 

 お送り頂いたインジケータです。

 

 右の写真が点灯するランプの部分ですね。

 

 中央がニュートラルのランプになっていて、そこが点灯しないということです。

 

 

Harley-Davidson Sportster1200 インジケータ3

 

 カバーを取り外したところです。

 

 顕微鏡で詳しく見ていくと、どうも配線が錆びている箇所が。

 

 確認してみるとやはり腐食して断線していました。

 

 いくつか部品を取り外して、断線したパターンの経路を追います。

 

 補修するべき配線が全て確認できましたので、

 断線を補修していきます。

 

 …修復後の写真を撮るの忘れてしまいました。

 

 

結果

 

 作業後発送すると結果のメールを頂けきました。

 

  ------------------------------------------------------------------------


  お世話になります。
 
  昨日、インジケータが届きました。
  今日早速動作テストを実施し、ニュートラルランプが点灯することを確認しました。
  これで、一安心です。
 
  バイクに正規に取り付け迄ちょっと時間が掛かりますが、
  作業完了したらすぐに乗ってみたいです。(^∇^)
 
  参考として、動作テスト時の写真を添付します。
Harley-Davidson Sportster1200 インジケータ 修理後

 

  ------------------------------------------------------------------------

 
 
 更に後日、取り付けて正常に動作しているご連絡を頂きました。
 
 

  ------------------------------------------------------------------------

  

  オイル漏れと他の部品交換で2ヶ月も預けていました。
  やっと乗れてうれしいです。

  御社に修理していただいたインジケータは順調に機能しています。

  早速今日写真を撮りましたので、添付します。

Harley-Davidson Sportster1200 インジケータ 車載後

 

  ------------------------------------------------------------------------

 

 

 無事に動作しているということで安心しました。

 

 

 自動車、オートバイにも基板はたくさん使われていますね。

 

 どの基板も一つ壊れてしまうと、重大な影響があり、最悪乗れなくなってしまいます。

 

 工房やまだでは個人、法人問わず、自動車、オートバイの基板修理を承っております。

 

 自動車ECU修理注意事項のページをご覧になりお問い合わせ下さい。

 

 

 TEL:0238-22-0771(平日8:30~17:30)

 FAX:0238-26-2361

 Email:info@koboyamada.jp

 お問い合わせ

 

 

関連記事

LINEで送る

1 コメント