事例紹介のブログ記事

2019年

12月

02日

事例紹介:BGAパターン修正の続き

 

 前回BGAの内部でパターンの修正作業を行い、無事に動作するようになったという記事を書きました。(事例紹介:BGAパターン修正)

 

 通常工房やまだへの基板改造のご依頼は、郵送でやり取りしてさせていただくのですが、この件では直接設計担当者さんが持ち込みされました。

 

 まずは事前にメールで打ち合わせをして作業内容も確認していたBGAのパターン修正をジャンパ配線で行いました。

 

 それを設計担当者さんが検査治具につないで動作確認をして改造箇所が問題なかったの検証をしていたところ、新たに別の個所に問題があることが分かったわけです。

 

 

基板開発のお手伝い

 

 

  基板の動作確認と不具合箇所の解析に時間がかかるということでしたので

近くのホテル(工房やまだの裏がビジネスホテルです)に滞在されて、昼間の作業スペースとして弊社の敷地内にある別棟の部屋をお貸ししました。

 

工房やまだ 別棟

 

 社長の趣味部屋なのですが、作業スペースが必要なお客様にはご利用いただいています。

 

 ここで基板の確認をされた結果、部品の交換と基板上のパターン変更が必要であることが分かったようです。

 

 急所部品交換と基板のパターンカット、ジャンパ配線作業を追加で行い、動作するように詰めていきます。

 

 途中ケーブルが届かずに検査できない箇所があったため、基板のコネクタに直接ジャンパ線をつなげてケーブルの代わりを作り検査まで進められるようにする場面も。

 

続きを読む 0 コメント

2019年

10月

07日

事例紹介:BGAパターン修正

 

 今回の事例紹介は、基板設計の会社のエンジニアの方からのご依頼です。

 どうも基板パターン設計の段階で、BGAが電源にもGNDに接続されていない状態になっている。そして試作として板を作り部品も搭載してしまっている。どうにか動かせる状態にならないかという内容です。

 

 通常は基板を再度作成し直して、部品を実装、という事になりますが基板を作り直す時間がない、部品の予備がない、それらの予算がない等でお困りのお客様が多いです。

 

 そこで工房やまだのBGAジャンパ配線です。

 

 

BGAの内部ピン同士のジャンパ配線

 

 BGA部分のジャンパ配線は非常に高度な作業。

 国内には基板改造を行っている会社も多くありますが、この改造はそうそう簡単にできる内容ではありません。

 

 しかし工房やまだは基板改造の経験値が違います。

 BGAジャンパ配線は様々なお客様からご依頼を承っており、実績豊富です。

 

BGAの取外し

BGA内部ジャンパ配線 改造前
続きを読む 0 コメント

2019年

2月

27日

事例紹介:QFNのGNDパット修正

 

 前回のブログに引き続き、これまで工房やまだで受けたご依頼のご紹介です。

 

 前回のQFNズレ修正では、基板の実装工場での不良の修正でしたが、

 今回は基板設計段階での不良の修正の事例です。

 

 

QFNの基板パットのレイアウト

QFN実装状態

 

 とりあえず実装されているQFNの状態をわかりやすく図に書くとこんな感じ。

 

 QFNは部品側面と底面にパッドがあり、基板と接続します。

 

QFNと基板のパッドの状態
続きを読む 0 コメント

2019年

2月

08日

事例紹介:QFN位置ズレ修正

 

 久々のブログ更新です。

 

 今回はリワークの事例のご紹介をしていきましょう。

 

QFNの位置ズレ

 

 工房やまだでは様々なお取引様より様々なご依頼を承りますが、

 よくあるのが基板へ各種部品を実装している実装会社・工場さんからの

 実装ミスの修正案件です。

 

 実装ミスといっても色々ありますが、今回のは部品ズレ。

 

 マウンタでの部品搭載の設定が間違っており、

 基板上の指定位置からズレた位置にQFNが搭載されてしまいました。

 

 ズレといってもX軸方向に0.2mmといったわずかなものですが、

 0.5mmのピッチですから影響は大きいです。

 

QFN実装正常品
QFN実装正常品

 

 正常に搭載された部品がこんな感じとすると、、、

 

続きを読む 0 コメント